ブラッスリー・ペル・トゥッティ・アネックスにようこそ! ヨーロッパを中心に、美味しいものと美酒を探して旅することが大好き♪旅行記、LOMO写真、キモノ、レシピなどなど、楽しくご紹介していきます。
by per_tutti
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ごあいさつ
国内旅行記
海外旅行記
ホームパーティ
きもの
カフェ
フレンチ
イタリアン
和食
アウトドア
ロモグラフィー
スペインバル
タグ
(16)
(10)
(10)
(8)
(7)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
リンク
フォロー中のブログ
非天然色東京画
パリいろいろ
おいしいケーキが焼けたなら
いつものパリ
petit journal
日々のカケラ
***note
着物屋さんの企画室 by...
小国での日々 第7章
ME?...SHINee!
ココロ写真
petit clos プ...
Cafe de juju
フィレンツェ田舎生活便り2
Bistro du Ri...
のんびり子育て日記
Boochanの宝探し
marimo cafe
BAR EXIT
エリオットゆかりの美味し...
usa cafe
+ mellow-stu...
Londonのたからもの
Cahier des M...
今日の パリは、
フィンとクリロとカメラな毎日
帽子をかぶった猫のいる暮...
Osamuの「Utter...
very very ha...
cafe beluga
ライフログ

CREA TRAVELLER (クレア トラベラー) 2009年 07月号 [雑誌]


フランスの旅 7 (エイムック 1651)


パトリス・ジュリアンの手軽に作れるおしゃれフレンチ ビストロごはん


madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2009年 1/20号 [雑誌]


アメリ―モンマルトルのアメリとパリの映画たち (シネ・カルネ)


カフェと雑貨が好きな人のためのパリを旅する本


ヨーロッパのマーケット―フランス・オランダ・ベルギー雑貨とおいしいものを探す旅


京の着物はじめ (らくたび文庫)

検索
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
旅行・お出かけ
料理・レシピ
画像一覧

扉を開ければパリの匂い #2

メイン料理のメニューを迷いながら決めたところで、次の楽しい悩みはワインのチョイス
テーブル間を快活に飛び回っていた佐藤さんが、私たちのテーブルにやってきました。
そして、一声。「さて、ワインはどうしましょう!」
このお店にワインリストはなく、ソムリエに好みや要望を伝えて、相談しながら決めていきます^^
メイン料理から、私たちがイメージしていたのはローヌワイン
それも、スパイシーなシラーを飲みたい気分でした♪
・・ということで、「北ローヌあたりのシラー主体の赤ワイン」という希望を言ってみました★
佐藤さんが持ってきてくれたのは、以下の5本のワイン

e0173679_22124945.jpg

左から、
・Auguste ClapeのCornas(コルナス)2002
・Cuilleron Gaillard VillardのCrozes-Hermitage(クローズ・エルミタージュ)2000
・Domaine du BanneretのChateauneuf du Pape(シャトーヌフ・デュ・パプ)2003
もう2本は写真がないのですが、
・MICHEL et STEPHANE OGIERのCote-Rotie(コート・ロティ)2003
・GorelliのBrunello di Montaltino(ブルネロ・ディ・モンタルチーノ)2003


e0173679_22422465.jpgこれら1本1本の特徴を、端的に説明してくれました。
大別するなら、コルナスとコート・ロティが元気組で、その他は柔らか組とのこと(笑)
友人と意見が一致したのは、元気組のコルナス
シラー100%のワインです!
クラープはひげ面のおじさんなんですよ。と、佐藤さんが造り手さんの顔の話をしてくれたのが可笑しかったです^^
プルーンやブラックチェリーなど、黒い果実の香り。
芳しい樽香、大きな花の香り。
なめらかな舌触り。黒胡椒、ほんのりビターチョコ。
たっぷりした果実のボリューム感に、酸とのバランスも良くて本当に美味しかった!


佐藤さんにワインをサーヴ頂いた時、面白いサーヴィスが2つありました☆
1つは、2つのタイプのグラスから、好きな方を選ばせてくれたこと!
一方はくびれのある小ぶりのチューリップ型で、果実味をパワフルに感じられるタイプとのこと。
もう一方は、写真の大ぶりのバルーンタイプで、全体的にバランス良く味わえるタイプ。
そこで、後者を選んだのでした^^
2つ目は、ワインの注ぎ方
一方には、泡立つように勢い良く注ぎ、もう一方は静かに注いでくれて。
香りや味の違いを飲み比べさせてくれました。
泡立たせた方は、華やかな香りが広がっていて、明るい印象♪
静かに注いだ方は、スパイスの香りがしっかり感じられて、落ち着いた味わい★
こういう飲み比べは初めてで、とても楽しかったです!

・・それにしても、このローヌ川流域ラインナップの中に、ブルネロを混ぜたのがニクイ!
しかもこの1本だけ、ちょっと高めのレンジなんです。気になる~~。

今夜はメイン料理まで書くつもりだったのですが、長くなってしまったので、また明日
a bientot! Bonne Nuit・・☆
[PR]
by per_tutti | 2009-04-21 00:58 | フレンチ