ブラッスリー・ペル・トゥッティ・アネックスにようこそ! ヨーロッパを中心に、美味しいものと美酒を探して旅することが大好き♪旅行記、LOMO写真、キモノ、レシピなどなど、楽しくご紹介していきます。
by per_tutti
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ごあいさつ
国内旅行記
海外旅行記
ホームパーティ
きもの
カフェ
フレンチ
イタリアン
和食
アウトドア
ロモグラフィー
スペインバル
タグ
(16)
(10)
(10)
(8)
(7)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
リンク
フォロー中のブログ
非天然色東京画
パリいろいろ
おいしいケーキが焼けたなら
いつものパリ
petit journal
日々のカケラ
***note
着物屋さんの企画室 by...
小国での日々 第7章
ME?...SHINee!
ココロ写真
petit clos プ...
Cafe de juju
フィレンツェ田舎生活便り2
Bistro du Ri...
のんびり子育て日記
Boochanの宝探し
marimo cafe
BAR EXIT
エリオットゆかりの美味し...
usa cafe
+ mellow-stu...
Londonのたからもの
Cahier des M...
今日の パリは、
フィンとクリロとカメラな毎日
帽子をかぶった猫のいる暮...
Osamuの「Utter...
very very ha...
cafe beluga
ライフログ

CREA TRAVELLER (クレア トラベラー) 2009年 07月号 [雑誌]


フランスの旅 7 (エイムック 1651)


パトリス・ジュリアンの手軽に作れるおしゃれフレンチ ビストロごはん


madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2009年 1/20号 [雑誌]


アメリ―モンマルトルのアメリとパリの映画たち (シネ・カルネ)


カフェと雑貨が好きな人のためのパリを旅する本


ヨーロッパのマーケット―フランス・オランダ・ベルギー雑貨とおいしいものを探す旅


京の着物はじめ (らくたび文庫)

検索
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
旅行・お出かけ
料理・レシピ
画像一覧

扉を開ければパリの匂い #1

ずっと前から気になっていた、ソムリエ佐藤陽一さんのお店、「マクシヴァン(MAXIVIN)」★
ついに堪能してまいりました!
お店を訪れたのは、記憶も新しい4月18日(土)の夜。
・・忘れないうちに書き綴っていきたいと思います^^

帯付き姿で歩けるのが嬉しいこの季節、こんなキモノスタイルで出かけました♪
まだ一度しか袖を通してなかった正絹の小紋に、藍染の帯を合わせて。
このキモノ、歩くとチラリと見える八掛け(裏地)のブルーが気に入っています^^

e0173679_19191730.jpge0173679_19192821.jpg


予約時刻は19:00、マクシヴァンに到着・・!
ワクワクした気分で扉を開けました。
e0173679_081026.jpg

一歩店内に入ると、パリのビストロの懐かしい匂い・・★
象徴的なイメージというのではなくて、匂いそのものがパリのビストロと同じでハッとしました!
店内は、席と席の間隔が狭いこともあって、賑やかで程よい熱気を感じます☆
ビストロよりもエレガントだけど、思ったよりもカジュアルな雰囲気でとても落ち着きました^^


e0173679_017502.jpgこのお店のオーナー兼ソムリエである佐藤さんは、2005年に開催された「第4回全日本最優秀ソムリエコンクール」で優勝された経歴をもつ方。
そんな憧れのソムリエさんと気軽にお話できるのも、このお店の魅力のひとつでしょう☆
席に着くと、佐藤さんがひょっこり顔を出し、宜しくおねがいしまーす!と軽く挨拶してくれました^^
ワインのオーダーだけでなく、お料理のオーダーも佐藤さん自らが取りにきてくれます。
まずはアペリティフに、シャンパーニュをオーダー♪
この日の銘柄は、ドゥラモットでした。泡がとても繊細^^
ブラン・ド・ブランらしいすっきりさあり、かといって厚みもあって、とっても美味しかった!

アミューズは、静岡で獲れた旬の桜海老を使った、香ばしいスナック。
青海苔とエスペラントが振りかけられていて、いい香り☆ 食欲がさらに増強されました♪
メニューは、メニュー・マルシェ(¥4,800)、メニュー・デギュスタシオン(¥6,500)、シェフお勧めコース(¥8,500)の3種類。
今回は、真ん中のメニュー・デギュスタシオンをチョイスしました^^


e0173679_0493014.jpge0173679_0494936.jpg


1皿目の前菜は、冷製
新玉ねぎとツブ貝と春の豆がコンソメジュレでまとめられた一皿。
ツブ貝大好き!コリコリとした食感がたまりません。
新玉ねぎは甘くて、とろっとした食感とスープの浸み具合が美味。
程よい硬さの空豆や絹さやも美味で、何と言ってもジュレが最高!
2皿目の前菜は温製で、ホワイトアスパラとモリーユ茸を使ったもの★
またまた大好物の柔らかなホワイトアスパラと、芳しい茸の香りに感激しました☆

佐藤さんがキモノ姿に気遣ってくれて、「前大丈夫ですか?」と声をかけてくださったので、「大丈夫です!」と応えると、「サランラップでも巻きますか?」と冗談を飛ばしてくれました(笑)
そんな風にフレンドリーに会話をしてくれるなんて流石、トップソムリエさん!
ワインの要望もあれこれ聞いてくれそうな雰囲気を、自然と醸し出してくれていました^^

さて、次の記事では佐藤さんのセレクトワインメイン料理をご紹介しま~す♪
(つづく)
[PR]
by per_tutti | 2009-04-20 01:26 | フレンチ