ブラッスリー・ペル・トゥッティ・アネックスにようこそ! ヨーロッパを中心に、美味しいものと美酒を探して旅することが大好き♪旅行記、LOMO写真、キモノ、レシピなどなど、楽しくご紹介していきます。
by per_tutti
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ごあいさつ
国内旅行記
海外旅行記
ホームパーティ
きもの
カフェ
フレンチ
イタリアン
和食
アウトドア
ロモグラフィー
スペインバル
タグ
(16)
(10)
(10)
(8)
(7)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
リンク
フォロー中のブログ
非天然色東京画
パリいろいろ
おいしいケーキが焼けたなら
いつものパリ
petit journal
日々のカケラ
***note
着物屋さんの企画室 by...
小国での日々 第6章
ME?...SHINee!
ココロ写真
petit clos プ...
Cafe de juju
フィレンツェ田舎生活便り2
Bistro du Ri...
のんびり子育て日記
Boochanの宝探し
marimo cafe
BAR EXIT
エリオットゆかりの美味し...
usa cafe
+ mellow-stu...
Londonのたからもの
Cahier des M...
今日の パリは、
フィンとクリロとカメラな毎日
帽子をかぶった猫のいる暮...
Osamuの「Utter...
very very ha...
cafe beluga
ライフログ

CREA TRAVELLER (クレア トラベラー) 2009年 07月号 [雑誌]


フランスの旅 7 (エイムック 1651)


パトリス・ジュリアンの手軽に作れるおしゃれフレンチ ビストロごはん


madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2009年 1/20号 [雑誌]


アメリ―モンマルトルのアメリとパリの映画たち (シネ・カルネ)


カフェと雑貨が好きな人のためのパリを旅する本


ヨーロッパのマーケット―フランス・オランダ・ベルギー雑貨とおいしいものを探す旅


京の着物はじめ (らくたび文庫)

検索
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
旅行・お出かけ
料理・レシピ
画像一覧

タグ:チーズ ( 2 ) タグの人気記事

扉を開ければパリの匂い #4

マクシヴァンの美味しいお料理とともに、ワインも完飲
・・でも、楽しい時間をまだ終わらせたくなくて、フロマージュ食後酒を味わうことに♪
実は、座席のちょうど後ろの棚に、ブランデーやウイスキー、リキュールなどの美しいボトルがズラリと陳列されていて、ずっとそそられていたんです・・(^-^;


e0173679_22144183.jpg中でも釘付けだったのは、フランス・ノルマンディ地方で造られるりんごの蒸留酒カルヴァドス
ボトルの下からライトがあてられていて、インテリアとしても綺麗で印象的でした☆
佐藤さんのオススメもあり、やはりカルヴァドスをチョイス♪
ピエール・ユエット(Pierre Huet)の5年物ヴィユー。
この造り手は、最も品質が高いといわれるペイ・ドージュ地区にあり、100年以上続く老舗のカルヴァドスメーカーなのだそう!
立ち上る芳しいりんごの香り。まろやかな口当たり・・。
余韻が長くて、もう本当にうっとり~♪
もともとカルヴァドスは大好きなのだけど、このカルヴァドスには心の底から魅了されちゃいました!


e0173679_22511413.jpg友人は、グラッパ・ディ・ドルチェットを勧められて。
このグラッパ、お店で黒トリュフを漬け込んでいて、ちょうど色付いてきたな・・という頃とのこと!
佐藤さん曰く、「走り出しちゃう感じ!」らしい!(笑)
ドルチェットは、イタリア・ピエモンテ地方が産地。
造り手は、ロアーニャ(Roagna)でした。
キリリと大人の味わい。アフターに香るトリュフのニュアンスがなんともいえず、エレガント。
香りがふーん♪♪と鼻に抜けて、確かにどこまでも走れそうな感じでした(笑)


e0173679_22555976.jpge0173679_22561863.jpg


チーズの盛り合わせは、ブルターニュ地方で造られるカンペール陶器でサーヴされました!
2皿に分けてくださり、違う柄でどちらもカワイイ・・!
カラフルな色合いと、素朴な筆遣い、ほのぼのとしたデザインにきゅんとしちゃいます^^

お料理の余韻に浸りながら、まったりと食後酒とチーズを味わうひととき、幸せでした♪

e0173679_2391541.jpg

e0173679_2314613.jpgデセールは、チョコレートのテリーヌでした★
ビターなカカオの味わい。なめらかな口あたり。
しっとりと濃厚で、この日の気分にピッタリ♪
コーヒーには鹿児島産の黒糖ピーナッツが。
こんなところにもこだわりを感じました^^

マクシヴァンは、ソムリエ・ワイン・料理が三位一体となって、フレンチビストロの真骨頂を楽しめるお店だと感じました!

*MAXIVIN
東京都港区六本木7-21-22 Tel:03-5775-1073
Open:12:00-14:00, 18:00-24:00 休:日(ランチは月・火休)
[PR]
by per_tutti | 2009-04-23 01:10 | フレンチ

Fete du Printemps #春色の苺ババロア

e0173679_22382084.jpgデザートは、春らしいピンク色がカワイイ、
苺のババロア」にしました♪
まずは、フードプロセッサーを使って、苺のピューレ作りから^^(←)甘い香りいっぱい!
苺がピューレ状になったら、150ml分を小鍋に移してグラニュー糖30gを加えて火にかけ、グラニュー糖をしっかり溶かします。
ここに予めふやかしておいたゼラチンを混ぜて溶かし、レモン果汁(1/4個分)を加え、冷ましてとろみをつけます。


e0173679_2252292.jpg生クリーム90mlを八分立てに泡立て、苺ピューレを1/3加えてなじませてから、全てを混ぜ合わせ、キルシュ5mlと赤ワインを加え、氷水にあてながらとろみがつくまで混ぜます。
ガラスの器に入れ、冷蔵庫でひと晩冷やします☆
ここまでは、前日の夜に作業しました^^
半日で固まるので、午後イチで作れば夕食後のデザートに間に合いますね。


e0173679_2256835.jpg残しておいた苺ピューレをソースにしてババロアに重ね、カットした苺を飾ってみました。
生クリームをたっぷり使っているので、思ったよりもリッチな味わいに!
滑らかな舌触りで、我ながら上出来^^
お酒の風味もほんのり効いて、甘さも程よく仕上がりました★
こちらも大好評を頂けました♪


e0173679_0305754.jpge0173679_031161.jpg


アップの順序は逆になってしまいましたが、デザートの前にしっかりチーズタイムも楽しみました。
18ヶ月熟成のミモレット新得農場製のチーズ2種の3点を盛り合わせにしました☆
新得農場のチーズは、もちろん札幌土産です^^
白カビチーズは、「プチ・プレジール」というキメ細やかな舌触りの牛乳製チーズ。
常温でおいておくと、表皮の内側がとろっとしてきて、とっても滑らか!
セミハードチーズは、「ヘラ・ヘ・ミンタル」という大型チーズ。
ヘラ・ヘ・ミンタルとは、アイヌ語で"風の遊び場"を意味するのだそうです!
フランス産のコンテチーズにも似た、ナッツのような香ばしい風味とポクポクとした食感が印象的★
もともとコンテ好きなわたしは、ひと口で気に入ってしまいました^^
どちらも本格的な味わいで、残ったワインとともに舌鼓を打ちました。
e0173679_0493575.jpg

最後に、ゲストからプレゼントいただいた、ピンクのチューリップをUP☆
お喋りも弾み、とっても充実した時間が過ごせました!
・・今度は、わたしの両親も招待しなきゃな☆

e0173679_057487.gif
[PR]
by per_tutti | 2009-04-09 00:59 | ホームパーティ